借り入れ審査

借り入れ審査|利息について

借り入れをして審査に通ったあとに気になるのが利息ですよね?利息に関しては、借りる金額や期間によって変わってきますので、利用する前に確認しておきたいところです。
また、利用する消費者金融やクレジット会社によっても異なりますので、金利が低かったり・何かしらのキャンペーンを実施しているところを利用した方がお得になります。

 

利息について

気になる利息ですが、元金を返済すると同時にかかってくるものになります。プロミスやモビットなどのホームページを確認してみると、実質年率で表示されています。
この金利が、借りた日数分元金に掛けられて利息が算出されます。また各社のホームページの中に、どのくらいの金額をどのくらいの期間借りると、どのくらいの利息になるかというシュミレーションができる会社もありますので、借りる前に利用してみることをおすすめします。そして、借りた金額にこの利息を足した金額を返済する必要があります。

別な言い方をすれば、借りたものに対してレンタル料がかかるという例えが分かりやすいのではないでしょうか?仕組み的には、TSUTAYAやビデオレンタルショップなどをイメージしてみてください。1週間借りると、レンタル料がかかります。そして、期日以内に返さないと、遅延金などが発生してしまいます。このように見ると、まったく同じ仕組みになっていますよね?

 

利息の計算方法は?

消費者金融の利息計算方法をチェックしてみると、一般的に日割り計算によって算出されています。具体的には、借り入れした翌日から返済した当日までの日数となっているようです。審査に通った後に、電話かメールで聞いてみるのもありかもしれません。

 

日割り計算の最大の利点とは?

ご存知の方も多いかもしれませんが、借りた日に返済すれば利息はかからないということになります。もちろん、借りたり・返済する手間はかかってきますが、午前中や午後に急ぎで支払いがあるケースにはとても便利ですね。また会社によっては、1週間無利息であったり、1ヶ月無利息で借りれるところもありますので、うまく活用したいところですね。

借り入れ審査|シュミレーションしてみると?

借りた金額×実質年率÷365×利用日数

たとえば、10万円を45日、つまり約一か月半借りて返済したケースの利息を見ていきます。
(実質年率は18%と仮定して計算していきます)

 

100,000円×0.18÷365×45日間=約2219円(利息)となります。
今回計算をしてみると、小数点以下になりますので、小数点以下はどうなるのか気になりますが、増えても同じでも1円変わるかどうかではないでしょうか?

 

この場合、借りたお金を45日後に一括で返済するなら102,219円(元金+利息)必要になります。
計算式は単純ですので、小学校で習う内容で算出できます。

借り入れ審査|明細書は大切?

キャッシングでもカードローンにおいても、借り入れをされたことがある方はご存知かもしれませんが、銀行口座やゆうちょなどのような通帳はありませんよね?

 

ただし、ATMで借り入れや返済をすると、明細書が出てくると思います。コンビニなどのATMに関しては銀行であっても・ゆうちょであっても、通帳は使えませんので、明細書が出てくる流れは一緒になります。ただし、銀行やゆうちょに関しては、後日通帳に記帳できますので取引履歴が残ります。そこでキャッシングの場合は、その明細書を失くさずに整理しておきたいところです。

 

ちなみに、キャッシングを利用しているのを人に知られたくない、借りている金額をじっくりみたくない、という理由から明細書をシュレッダーにかけてしまったり、捨ててしまう人もいますが、とっておくことをおすすめします。

 

借り入れ・返済の時にチェックすべきこと!
次回返済日

お金を借り入れした場合に、もっとも重要となってくるのが返済日を守るという行為になります。もちろん、延滞してしまうと延滞料がかかってきますが、それよりも大切なのが「この人は1回遅延した」という記録が残る点になります。もしも厳しい会社であれば、この1回の遅延で、借りた金額を一括で返済するような内容の手紙が来る可能性も0ではないと思います。

利用可能額

こちらも、お金を借りるときや返済するときに、必ず見てしまう数字ではないでしょうか?なぜなら心理的に、あとどのくらい借りても大丈夫とか、あと少しで全額返済でいるなど、とても気になる部分になるからです。
また、利用状況によっても変化する項目になりますので、そういう視点からも毎回確認しておきたいところです。

 

即日融資も可能なキャッシングを紹介しています:借入 審査 ローン